マクロス フロンティア 4 パチンコk8 カジノロボットと暮らす生活は、実現可能な“夢の話”仮想通貨カジノパチンコ戦 乙女 2

マクロス フロンティア 4 パチンコk8 カジノロボットと暮らす生活は、実現可能な“夢の話”仮想通貨カジノパチンコ戦 乙女 2

マクロス フロンティア 4 パチンコk8 カジノロボットと暮らす生活は、実現可能な“夢の話”仮想通貨カジノパチンコ戦 乙女 2

食品 中小 企業 優良k8 カジノ ロボカップジャパンオープン2013東京

パチスロ 新鬼武者 エンターライズ 2013年5月4~6日の3日間、玉川大学・玉川学園キャンパスで「ロボカップジャパンオープン2013東京」が開催された。

 “ロボカップ”とは、「西暦2050年までに、サッカーの世界チャンピオンチームに勝てる自律型のロボットチームを作る」という大きな夢を掲げた、国際的なロボット競技会だ。当初、サッカー競技(ロボカップサッカー)だけを行っていたが、競技部門(リーグ)が拡大され、災害救助をテーマにした「ロボカップレスキュー」や、日常生活における人間とロボットの共存をテーマにした「ロボカップ@HOME(以下、@HOME)」なども実施されるようになった。

 本稿で紹介する@HOMEリーグがスタートしたのは、2007年の世界大会からで、ロボカップの歴史の中では最も新しいリーグになる。日本国内でも年々参加チームが増えており、今大会ではタイや台湾からの参加も含め、過去最大の10チームが出場した。

 @HOMEリーグの競技は、家庭内のキッチンやリビング、ベッドルームを模したフィールドで行われる。ロボットと人とのコミュニケーションや共同作業などを想定し、「Follow Me(人に追従して移動する)」「Clean Up(掃除)」「Cocktail Party(パーティー会場でのドリンクサービス)」といった課題にチャレンジする。

厳しい現実……。サービスロボットの実現はまだ遠い夢か?

 @HOMEリーグは、生活に身近なテーマを扱っているため、来場者にも人気がある。開催期間中、常に多くの観客がフィールドを見守っていたのだが、実際の競技の様子は、

何度ロボットに話し掛けても反応してくれないロボットが付いてきているか、後ろを気に掛けながら歩くロボットが動かないため、カバーを開けてメンテナンスを始める残念ながらリタイヤして退場……

というように、なかなか厳しい状況がうかがえた。

何度ロボットに話し掛けても反応してくれないロボットが付いてきているか、後ろを気に掛けながら歩く(左)何度ロボットに話し掛けても反応してくれない/(右)ロボットが付いてきているか、後ろを気に掛けながら歩くロボットが動かないためカバーを開けてメンテナンスを始める残念ながらリタイヤして退場……(左)ロボットが動かないためカバーを開けてメンテナンスを始める/(右)残念ながらリタイヤして退場……

 このような状況だったので、「いやー。わが家のロボットは、いろいろなサービスをしてくれて毎日が快適だなぁ」というロボットと暮らす生活は、“まだまだ遠い夢の話”ということがよく分かった。

ロボカップは単なる競技会にあらず!

 ロボカップは競技形式を採用しているが、一般的なロボットコンテストのそれとは少し異なる。確かに、競技形式で評価されるコンテストとしての側面もあるのだが、どちらかというと“実環境の中で実証実験を行う”という意味合いが強い。さまざまな大学の研究室が一堂に会して、研究中の最先端技術をお互いに披露し、技術交流を通じて、横連携でサービスロボットの在り方を討論する。ロボカップの参加者らは、競技とは別に論文の提出やシンポジウムへの参加も義務付けられているのだ。

 サービスロボットに要求される技術は、コミュニケーションのための音声認識/画像認識、センサーによる障害物回避、自律走行のためのマップ作成など多岐にわたる。個々の技術は研究室で精度を高めてきているが、実環境の中で総合的に使うとなると想定していたように動かないことも多い。

 研究室という閉じれらた世界の中でロボットを開発していると、“最高の結果”が得られる環境内で実験を繰り返しがちになる。そのため、ロボカップに参加し、実環境により近い空間でロボットを動かすことで、研究室内では気が付かなかった課題を見いだせることも多いという。

外光、騒音との戦い。実環境は甘くない!?

 筆者は、2008年に国内で@HOMEリーグがスタートしてから、毎年、この競技を見てきたこともあり、正直、「1年前の大会の方が、(ロボットが)よく動いていたなぁ」と思う場面もあった。

 その感想を正直に参加者へぶつけてみると、「光源の条件が厳し過ぎる!」という答えが返ってきた。フィールドが設けられているのは、壁2面がガラス張りの明るい食堂だった。午前中は東側の窓から斜めに日光が差し込む。ロボットは逆光の中で画像認識を行って室内に入り、フィールド中央に向かう際には、日光が左横から差し込む状況になる。ロボットが方向を変えるたびに光源の条件が変わるため、画像認識の難易度がかなり高かったようだ(ちなみに、例年は外光が入らないように考慮された環境(屋内)で競技を行っている)。

 さらに、研究室と食堂では、天井の高さも空間の広さも全く違う。競技中は観客も多く、常にザワザワとしており、音の響き方が違うため音声認識も難しい。その上、参加チームが増えたため、今回、チームに与えられる調整時間も短くなった。以前はスケジュールに余裕があり、ロボットの調整を終えてから競技をスタートさせることもできたが、今回は事前に決定されたスケジュール通りに競技が進行していった。

 3分間の調整時間で、ロボットに搭載された各種センサーを最適な状態に調整して、確実に動かすのはかなり困難だったようだ。

 それでも最終日には、ロボットたちが本来のパフォーマンスを取り戻し、「Restaurant(飲食店を想定。客のいるテーブルを覚えて、オーダーを届ける)」や、「Final Mission(成績上位5チームによる自由デモンストレーション)」では、きちんと人とコミュニケーションをとって動作する様子を見ることができた。

動画1 電気通信大学の「LiPRo(手前の白色のロボット)」と「DiGORO(奥の黒色のロボット)」は、ユーザーの“習慣”を覚えて、サービスを提供する。仕事から帰宅した主人が伸びをすると、ポテトチップスとドリンクを持ってくる。今回は、いつものポテトチップスがなかったので、「テーブルにスナック菓子があるから自分で取りに行ってください」と主人に報告していたサービスロボットが生まれる日は必ずくる!?仮想通貨カジノパチンコ日 体 大 女子 サッカー セレクション

宝くじ スクラッチ 値段k8 カジノドローンがデング熱から人間を救う? 蚊の繁殖地を特定、殺虫剤の散布も仮想通貨カジノパチンコ最近 の パチンコ 新台

宝くじ スクラッチ 値段k8 カジノドローンがデング熱から人間を救う? 蚊の繁殖地を特定、殺虫剤の散布も仮想通貨カジノパチンコ最近 の パチンコ 新台

宝くじ スクラッチ 値段k8 カジノドローンがデング熱から人間を救う? 蚊の繁殖地を特定、殺虫剤の散布も仮想通貨カジノパチンコ最近 の パチンコ 新台

東洋 経済 csrk8 カジノ

パチスロ 初代akb 2014年夏に代々木公園が一時封鎖されるという事態を招いた「デング熱」。デング熱は、一般的にネッタイシマカ(蚊)の生息する熱帯・亜熱帯地域で発症が多いといわれている。

 日本では、収束したように思われるデング熱だが、今度は日本人にも人気の観光地「ハワイ」で猛威を奮っている。ハワイでは、わずか4カ月間で250人が感染。1940年代以来の大流行ということで、ハワイの郡長が「非常事態宣言」を発令した。いまだ、デング熱への警戒心は世界中で高まるばかりだ。

 そんな中、シンガポールでは小型無人飛行機「ドローン」をデング熱対策に活用しようとしている。通常6月~10月がデング熱シーズンといわれている同国だが、実のところ2016年に入ってから異例のデング熱流行に振り回されており、ドローンが救世主になるのではないかと期待されている。一体どうやって蚊を退治するというのだろうか。

ドローンドローンイメージ写真(撮影:細谷元)ドローンで蚊の繁殖地を調査、殺虫剤を散布

 そもそもデング熱は、媒介する蚊に刺されることで発症し、高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛や皮膚発疹がその主な症状だ。致死率は1%だが、まれにデング出血熱に発展し、死に至ることもあるという。

 2015年、シンガポールでのデング熱発症事例は通常に比べて少なかったが、年末から急激に増加。2016年に入ってからの件数は2月16日時点で3400件を超えた。グラフからもここ数年で最も流行していることが分かる。

ドローングラフから見るシンガポールのデング熱発症事例数(シンガポール政府機関、国家環境庁のWebサイトより)

 蚊はちょっとした水たまりでも卵を産み落とし、3日で孵化をする。また、卵は乾燥に強く、水がなくなっても半年間も耐えられるという。こうなったら、やはり卵を産み落とす場所(水たまり)を徹底的に失くすしかない。

 さまざまなことに罰金を課す、罰金大国のシンガポール。外務省の海外安全サイトによると、こういった蚊の繁殖場所を放置した場合、最高1万シンガポールドル(約81万円)の罰金が課せられるという。(為替は2016年3月9日時点の情報)

 シンガポール政府機関、国家環境庁(NEA)によれば、有効なデング熱対策は「蚊の繁殖場所である鉢植えの受け皿、排水溝のすきまや雨どいなどを徹底的に失くすこと」だという。その中でも人の目が届きにくい「屋根の雨どい」で、蚊の繁殖撲滅に向けて試験利用されているのが、ドローンだ。

 NEAは通常、長い棒に取り付けたカメラを利用して雨どいを調査しているが、ときには建物外部に足場を組んで調査することもあり、多くの人手が必要になる上に危険も伴うという。こういった場面でドローンを利用することにより、安全かつ少ない人手で調査が可能となる。

 さらに、ドローンを使い、蚊の幼虫の殺虫剤を雨どいに置いて、成虫になるのを防ぐ対策も行っている。2016年後半までこのようなドローンの試験利用を続け、効果次第でさらに幅広い業務で活用することを検討しているという。

ドローンを活用して「生活の質」を向上させるシンガポール

 ちなみに、シンガポール政府がドローンを活用しようとしているのは、デング熱対策だけではない。シンガポールの海事港湾庁(MPA)は、ローカルのエンジニアが開発した水面に着陸可能なドローン「Water Spider」を使って、原油流出事故の調査や、海難事故での遭難者の捜索・救助などの緊急事態に対応できるよう飛行実験を実施している。このドローンで、事故現場や遭難者の早期発見を目指すという。

 シンガポール大手紙「The Straits Times(ザ・ストレーツ・タイムズ)」によれば、同国の運輸省(MOT)は政府機関の業務効率化や労働力節減のため、ドローン関連業者との間で一括契約を結び、各機関がドローンの機体と運用サポートの提供を受けられる体制を整えようとしている。

 シンガポールは、今回紹介した蚊の繁殖地の調査以外にも、建設現場の監視など25つの業務でドローンを活用した事業を試験的に行っている。広がり続けるドローン活用事例に目が離せない。

ライター

執筆:中井千尋(編集協力:岡徳之)

仮想通貨カジノパチンコラグビー の